埋没毛を治すのに必要なコトとは?

埋没毛は皮膚の中でムダ毛が育ってしまう状況を言いますが、埋没毛になった場合は黒ずんで見えたりして非常に見た目は良くない状態になります。
そうなった場合、治したいと思う事は当然ですが、どんな事が必要なのでしょうか。

■埋没毛が出来てしまったらどうしたら良いのか

埋没毛が出来てしまったらどうしたら良いのでしょうか。
始めに思い浮かぶのはほじくる、と言う感覚だと思いますが、これは絶対に行っていけないタブーな事です。
ついひっかいたりしたくなりますが、そうする事で皮膚からばい菌が入る可能性があります。

そうなってしまった場合は、炎症を起こしたところを治療しなければなりませんから、埋没毛を処理するよりも炎症を抑える事が重要になりますし、埋没毛は奥深く入り込んでしまう可能性もあります。

こうした事を避けるためにはそっとしておくのが良い方法です。

■埋没毛をケアするには保湿などのケアが重要

埋没毛が出来てしまった時も出来ないようにするためにも、ムダ毛の処理後はしっかりと保湿をする事が重要です。
保湿と言っても単純に水分補給をすれば良いと言うのではなくて使う保湿クリームにもひと工夫したいものです。

例えば、尿素クリームなどを使用して角質ケアをする事はとてもおすすめです。
埋没毛が出来た部分の皮膚を柔らかくしてくれる作用がありますから、埋もれたムダ毛も外に出てきやすくなります。

■埋没毛はどうやって治す?

埋没毛は、放っておく事が1番の方法ですが、美容皮膚科では自由診療で治療する事が出来ます。
医療レーザー脱毛で埋没毛に直接アプローチして脱毛してしまうと言う方法です。
費用は数万円程度は考えておいた方が良いですが、きれいに治すには適しています。

■埋没毛を治すために必要な事とは

埋没毛は出来てしまった場合には患部を保湿してそっとしておく事がおすすめです。
自然に生えてきてそれが抜け落ちるのを待つと言う事になりますが、それが自然で良い方法です。

しかし埋没毛の出来る部分によっては、気になって早く治したい場合もあります。
その時には美容皮膚科などへ行って医療レーザーによる治療を受ける事がおすすめです。

どちらの場合も決して患部を引っかいたり、絞り出すような事はしないで、保湿と清潔を心がける事で自然治癒か、美容皮膚科による治療をする事がおすすめです。

跡が残ったりしないように気を付けるためにもこうした治療を行う事が良いと言えますし、最善だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>