埋もれ毛はとにかく根元から!

埋もれ毛は別名を埋没毛と言います。
この埋没毛は間違ったムダ毛処理が原因で出来てしまうものですが、出来ないように気を付けていても稀に出来てしまう事があります。
特にムダ毛を自己処理している場合に出来る事がほとんどです。

この埋没毛を処理するにはどのような方法が適しているのでしょうか。

■埋もれ毛は根元から処理をするのがベスト

埋没毛は出来てしまうと本当に嫌な感じがして、皮膚から黒いぶつぶつが見える他に、炎症を起こしている場合には赤みを帯びたりしてきます。
そうなると自分でケアする事が難しくなるので、皮膚科や美容皮膚科に行かなくてはなりません。

そうなる前に処置するなら脱毛機を利用して根こそぎ処理をする事が出来ます。
と言うのはムダ毛を脱毛する原理を利用して埋没毛の毛根にダメージを与えると言う事です。
この治療は家庭用脱毛機でも出来ますし、その機器がフラッシュ脱毛機でもレーザー脱毛機でも対応しています。

1番手軽のなの家庭用脱毛機の中でもフラッシュ脱毛です。
自分の感覚で出力も調整出来ますから、極端に痛みや熱さを感じると言う事もなくなるので、便利です。

■フラッシュ脱毛機で根こそぎダメージを与える

家庭用脱毛機で埋没毛のところに光を照射すると初めの1回くらいではさほどの効果はわかりません。
通常の脱毛のように期間をある程度開けて4回から5回程度照射を繰り返すと、埋没毛が徐々に気にならない程度に抜け落ちてくれる事があります。

■家庭用脱毛機は他の部位にも使えるから割安かも?

家庭用脱毛機は埋没毛だけに使えるのではなくて、基本的には自分の全身に使う事が出来ます。
照射出力も調整が出来るので、自分に合わせて脱毛をする事が出来ますから、とても便利でもしかすると割安かもしれません。

家庭用脱毛機で代表的なフラッシュ脱毛だとケノンなどがありますが、それだって脱毛サロンに通い続けるよりは安いと言えます。

■埋没毛は根元にダメージを与えてきれいに治す

埋没毛は根元からダメージを与えるために、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛をする事がおすすめです。
サロンやクリニックに行くと高額な費用がかかることがネックだと言う方は、家庭用脱毛機でチャレンジする事も良い方法です。

家庭用脱毛機なら埋没毛を処置した後に自分の脱毛にも利用出来ますから、そう言った事を考えると買う時の費用はトータルで見て安いかもしれません。
ケノンなどなら、安全ですから良く見てみると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>